WAFでセキュリティーは万全|あらゆる脅威からおさらば

システム

企業にあった対応

パソコン

Webアプリケーションへ攻撃してくることはよくあります。そういった脅威から保護するためには、WAFが良いでしょう。WAFは、企業で使っているアプリケーションへ攻撃をされてもサーバーの手前でブロックすることができ、攻撃を受けることがありません。
守ることデーターやアプリケーションの手前にWAFを設置することで攻撃者からの攻撃を防げるのです。攻撃性のある脅威を理解し、webサーバーまで到着することができないようになっています。そのため、webアプリケーションの脆弱性を改修しなくてもWAFを設置することで企業のwebアプリケーションのセキュリティーを固めることが可能です。そうすることで改修に必要なコストを削減できるので会社に貢献することができるでしょう。

WAFの設置を検討しているのならば、専門業者に依頼または、相談すると良いでしょう。相談することでより効果的な対策をアドバイスしてくれることや企業のシステムやwebアプリケーションを見て、どういった場所に脆弱性があるかを見極めてもらうことができ、WAF以外の必要なセキュリティーを教えてくれるでしょう。
さらに、企業側から要望があれば、細かい設定をしてくれるので、最新の脅威からも対応することができるでしょう。また、定期的なポリシーチェックがあるので、どんな脅威からもブロックでき、安全にアプリケーションを運営していくことができるでしょう。

WAFを導入することによって攻撃されている件数やURI監視によって、サーバーが遅れていることを確認することが可能です。このデーターをグラフ化することもでき、WAF導入によってどのような効果がでたのかがわかる資料として利用できます。